時を超える贈り物

うーん、いいことばがないかなあ。・・・

グローバル・ベーシック・インカムなんて横文字ことばよりは、人類遺産年金がいい。

なぜか?

 

生涯にわたって、一定のインカム(所得)への権利を持つということは、実は、それだけの利子がつく貯金があるのと同じことだ。

ベーシック・インカムの導入を!・・・と叫ぶことは、それだけの大金をよこせ!と叫ぶことだ。

だから、多くの人は、思う。そんなお金なんかない。財源がありません。

 

はたしてそうか?

金融関係の本、論文、ニュース、どこを見ても、金あまりの話ばかり。・・・そうそう、あるところにはあって、しかもどんどん増えている。

ほんとうにそんなところにあって、いいのかな。あるべきところは、別の所ではないですか?

そう思って、多国籍企業、多国籍金融機関、その株主、特にオーナーたちのことを勉強して、論文に書いてきました。(近いうちにまとめて本にしますが、ここにもその原稿を載せておきます。)

 

地球をまたにかけて活動する企業(多国籍企業)の株式の過半数の所有権は、人類遺産として、人類遺産持株会社が所有する、とする。新しいその持株会社の株主は、人類ひとりひとりがなる。生得権であり、譲渡できない株として、生まれて、死ぬまで、一人一株を持つ。

人類遺産持株会社の手元には、全世界の多国籍企業株の配当の過半数が入って配当収入になる。持株会社は、その配当収入を財源として、全人類ひとりひとりに、それぞれの地域で生存可能水準の金額を配当として、ベーシック・インカムとして配る。

ざっと計算してみると、そんな持株会社を作れば、その配当収入は、十分に、全人類のベーシック・インカムの財源になる。

 

日本のほとんどの年金をはじめ、、世界中で積み立てられた年金のための拠出金は、多くは株式などに投資されている。

だから、人類遺産持株会社が株式投資の配当収益から配るお金は、ベーシック・インカムというより、年金、といったほうがいい。

ただし、多国籍企業の株式の過半数を人類遺産としてその会社に移管(相続回復!)して、後世に残すのだから、人類遺産年金、といったほうがいい。

 

うーん、それでも固い。・・・時を超える贈り物、というのはどうかな?

来年の夏には、のびのびになっている新しい本を出します。遅れてしまって、ほんとうにもうしわけないのですが、どうか、ご期待ください!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ポルトガルの海

ベーシック・インカムの国際学会がリスボンであった。

初日の会場、国会議事堂からは海は見えない。

2日目以後の会場のリスボン大学経済経営学部キャンパスから海が見える。正確に言えば河口であって、海ではない。しかし、海につながる河だ。

学会に国会副議長が出て来てあいさつし、私たちも国会議員の座るふかふかの椅子で報告を聞いた。

遺跡のような建物を取り込んだリスボン大学キャンパスで、多国籍企業の株式資本の51%を人類遺産として国際基金に入れて、配当収益から全世界にベーシック・インカムを、という報告をした。

出席したたいていの分科会で、財源の話が出ると、発言した。「卵ではなくて、鶏をねらいましょう! 多国籍企業という金の卵を産む鶏を、しっかり囲い込んで、育てましょう。お金がないから、ベーシック・インカムはおしまい、なんてことにならないように。」と。

パラパラと拍手もおこったりしたが、ほとんどの参加者は、自分の国で法律を通す、そのための政治に夢中だ。とはいえ、全世界の飢餓や貧困をなくすためにベーシック・インカムを、という複数の団体の活動家も参加して熱い報告をした。・・・そして閉会式で熱い握手をした。

とっくに完成出版のはずの私の本『グローバル・ベーシック・インカムの射程』の仕上げに手間取って、このままでは、来年になりそうだ。グローバル・ベーシック・インカム研究会も開店休業、このサイトもほとんど手当てできずないまま。・・・どうか、もう少し、お待ちください。きっと、いいものにしますから。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ソウルからインド、イランへ・・・

今年の7月初め。ちょうど七夕をはさんで、韓国のソウルの大学で、ベーシック・インカム国際学会の大会。私も、英語論文を用意して参加しました。(英語のままですが、このサイトでもUPしました)。

すべての多国籍企業の株を、国有化ではなくて、全人類有化して、「人類遺産相続基金」という新しい国際機関に入れ、配当収益からグローバル・ベーシック・インカムを配る。

そのうえで、「従軍慰安婦」から「南京虐殺」、さらに戦後の朝鮮戦争、中国の国共内戦まで、あらゆる過去の恨みをじっくり話し合える環境を作りましょう、というのが私の報告。

英語から韓国語への通訳が入って、韓国人が多い観客がしーんとなり、不思議な沈黙のあとで、初老の韓国の人から質問。「そういう意見は、日本では、支持されているのか。」

「あは。私が言い出したばかりで、ほとんど誰も知らないんです。周りの人は面白いとは言ってくれるのですが。・・・」にこりとして、そう答えると、会場は大爆笑。

「でも、私には、これ以外の解決策が見つかりません。新しいアイデアを創るのは、私のような仕事の役目だと思っています。皆さんでぜひ広めてください。」と付け加えれば、うなづく人々。

最終日は、ベーシック・インカムに注目しているスユノモというソウルの民間研究集団を訪れて、大いに交流。私のアイデアにも興味を持ってくれたみたいだ。

大会には、欧米や日本だけでなく、中国、台湾、インドからもかなりの参加。以前訪問した時にお世話になったインドの人は、そのあとで来日し、私の家を足場にあちこちで講演旅行(お世話してくれたみなさま、ありがとう!)。

さらに8月末になって、イラン訪問の時にお世話になった人がイランから来日し、やはり私の家にしばらく逗留。

インドもイランも、こうやってじっくり話してみると、恐ろしいほど同じ問題をかかえている。・・・多国籍企業の株を全人類のものにしちゃうというアイデアにますます熱中して、語ってしまった。

そうこうするうちに、イギリスの人から、World Basic Incomeという名前で、私の言うグローバル・ベーシック・インカムを広めようというサイトを立ち上げたよ、というお知らせ。

私のアイデアの入ったソウルでの論文を送ると、「長年、ひそかに思っていたけど、大っぴらに言う勇気のなかったことを言ってくれたね。私も、今の国どうしの貧富の格差は、ここ数世紀の植民地や奴隷制の結果だと思ってた。ありがとう!」というお返事。

来年の2月くらいには、そのアイデアを詳しく説明する本を出します。お楽しみに!

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新しい本たちです! 

昨年末から今年春まで書いていた中東関係の本が2冊ほど刊行されました。
『中東の新たな秩序』は、最終章で日本の中東研究について問題提起をしました。
『中東と日本の針路』では、やはり最終章で、日本政府が中東と日本の平和のために何ができるか、新しい提案をしました。

そして、ずいぶん苦労した翻訳『プレカリアート』も完成です。
世界中で進む不安定就労層の増加が、世界を不安定にして、戦争の種になっています。ユーモアたっぷりで笑っちゃうのですが、これを読むと、解決策はグローバル・ベーシック・インカムしかないな、と思ってしまう。そんな本です。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 新しい本たちです!  はコメントを受け付けていません。

できました!

見本が届きました。

12月25日発行とお知らせしていましたが、2016年1月8日発行ということになっていました。店頭に並ぶのもそのころかも。

Amazonなどで検索しても出てきて、予約できます。

写真がいっぱいでなかなか楽しい本です。お値段も2千円プラス税(160円)と、中身のわりにはお手頃かも。

活用していただければ幸いです。

 

 

カテゴリー: 未分類 | できました! はコメントを受け付けていません。